So-net無料ブログ作成
検索選択

般若心経まぶさび釈 [まぶさび詩]

般若心経まぶさび釈

ありのまま、見ることへ、誘いたつ  (観自在菩薩の滝)

智恵ふかく、行ふかく、時ふかく   (行深般若波羅蜜多時の滝)

おしなべて、さだまらず、とどまらず (照見五蘊皆空の滝)

空なれば、くるしみも、ちりぢりに  (度一切苦厄の滝)

仏弟子に、智恵の水、そそぎたつ   (舎利子の滝)

かたちある、ものみなの、かげもなく (色不異空の滝)

かげのない、そこにこそ、かたちたつ (空不異色の滝)

いろもなき、ところにぞ、いろのたち (色即是空の滝)

いろのたつ、ところにぞ、いろもなく (空即是色の滝)

こころまた、空なれば、こころたつ  (受想行識亦復如是の滝)

仏弟子に、実体も、はじけちり    (舎利子是諸法空相の滝)

生もなく、死もなくて、しぶくのみ  (不生不滅の滝)

清もなく、濁もなく、ただしぶき   (不垢不浄の滝)

増えもせず、減りもせず、しぶくのみ (不増不減の滝)

空なれば、そのそこに、いろはなく  (是故空中無色の滝)

こころのみ、こころたつ、こころなく (無受想行色の滝)

六根も、空なれば、空にたち     (無眼耳鼻舌身意の滝)

六境も、空にこそ、たつしぶき    (無色声香味触法の滝)

六識も、空なれば、ちるしぶき    (無眼界乃至無意識界の滝)

無知の上に、まよいたつ、無知もなく (無無明の滝)

無知なくば、無知つきる、こともなく (亦無無明尽の滝)

空なれば、老いも死も、ちりしぶき  (乃至無老死の滝)

老いと死の、ちりはてる、こともなく (亦無老死尽の滝)

苦をめぐる、世のまこと、空とちり  (無苦集滅道の滝)

知ることも、得ることも、空とちり  (無知亦無得の滝)

得るものも、なくてこそ、ひかりたつ (以無所得故の滝)

空の空、こだわりも、くだけちり   (菩提薩垂依般若波羅蜜多故心無圭礙の滝)

こだわりも、くだけちり、おそれなく (無圭礙故無有恐怖の滝)

まよいちって、とおざかり、しずかなる(遠離一切転倒夢想究境涅槃の滝)

三世また、空の知へ、さとりたつ   (三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提の滝)

真言の、まぶしさを、身にあびて   (故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切苦真実不虚の滝)

いきてたて、無常なる、ただなかを  (故説般若波羅蜜多呪即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶の滝)

さびしさの、あきらけく、ひびきたつ (般若心経の滝)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。