So-net無料ブログ作成

拙著『まず美にたずねよ』書評 [あいだ哲学]

ウェブ公開されたばかりの『あいだ/生成』第7号(あいだ哲学会)に、拙著『まず美にたずねよ』の書評が掲載されています。
筆者は、最近、『ドゥルーズと多様体の哲学』(人文書院)を上梓した渡辺洋平くんです。
なかなかの力作書評ですよ。

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/219410


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

般若心経まぶさび釈 [まぶさび詩]

般若心経まぶさび釈

ありのまま、見ることへ、誘いたつ  (観自在菩薩の滝)

智恵ふかく、行ふかく、時ふかく   (行深般若波羅蜜多時の滝)

おしなべて、さだまらず、とどまらず (照見五蘊皆空の滝)

空なれば、くるしみも、ちりぢりに  (度一切苦厄の滝)

仏弟子に、智恵の水、そそぎたつ   (舎利子の滝)

かたちある、ものみなの、かげもなく (色不異空の滝)

かげのない、そこにこそ、かたちたつ (空不異色の滝)

いろもなき、ところにぞ、いろのたち (色即是空の滝)

いろのたつ、ところにぞ、いろもなく (空即是色の滝)

こころまた、空なれば、こころたつ  (受想行識亦復如是の滝)

仏弟子に、実体も、はじけちり    (舎利子是諸法空相の滝)

生もなく、死もなくて、しぶくのみ  (不生不滅の滝)

清もなく、濁もなく、ただしぶき   (不垢不浄の滝)

増えもせず、減りもせず、しぶくのみ (不増不減の滝)

空なれば、そのそこに、いろはなく  (是故空中無色の滝)

こころのみ、こころたつ、こころなく (無受想行色の滝)

六根も、空なれば、空にたち     (無眼耳鼻舌身意の滝)

六境も、空にこそ、たつしぶき    (無色声香味触法の滝)

六識も、空なれば、ちるしぶき    (無眼界乃至無意識界の滝)

無知の上に、まよいたつ、無知もなく (無無明の滝)

無知なくば、無知つきる、こともなく (亦無無明尽の滝)

空なれば、老いも死も、ちりしぶき  (乃至無老死の滝)

老いと死の、ちりはてる、こともなく (亦無老死尽の滝)

苦をめぐる、世のまこと、空とちり  (無苦集滅道の滝)

知ることも、得ることも、空とちり  (無知亦無得の滝)

得るものも、なくてこそ、ひかりたつ (以無所得故の滝)

空の空、こだわりも、くだけちり   (菩提薩垂依般若波羅蜜多故心無圭礙の滝)

こだわりも、くだけちり、おそれなく (無圭礙故無有恐怖の滝)

まよいちって、とおざかり、しずかなる(遠離一切転倒夢想究境涅槃の滝)

三世また、空の知へ、さとりたつ   (三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提の滝)

真言の、まぶしさを、身にあびて   (故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切苦真実不虚の滝)

いきてたて、無常なる、ただなかを  (故説般若波羅蜜多呪即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶の滝)

さびしさの、あきらけく、ひびきたつ (般若心経の滝)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

雪のマブサビット [まぶさび密誌]

また雪か!
と、雪に驚くマブサビット。
雪にもめげず、まぶさび行に励むマブサビット。
雪に驚くマブサビット1.jpg
雪中行マブサビット1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グラシアンの書評 [あいだ哲学]

バルタサール・グラシアン『人生の旅人たち エル・クリティコン』(東谷穎人訳、白水社)の拙書評が、図書新聞(2016年11月5日、3277号)に掲載されていましたが、アップするのを忘れていましたので、遅まきながら。ただし、レイアウトは変えています。

書評『人生の旅人たち』1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

エーコしのぶ滝 [まぶさび詩]

今日は、ウンベルト・エーコが亡くなって1年目。
このエーコ忌にあたり、まぶさび詩と、まぶさび茶を捧げます。

中世に、バラの名の、しぶきたつ (エーコしのぶ滝)

積み上げた本は、不肖わたくしめのエーコ関連のものです。
ただ、『開かれた作品』初版が見つからず残念。
表紙デザインがいちばん気に入っていたのに・・・

エーコ滝.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

四国新聞にインタビュー記事 [高松市美術館]

先日掲載された四国新聞「すこやか人生真っ只中!」(健康新聞、2017年2月5日)のインタビュー記事、A4サイズに収まりきれなかったので、文字部分を主に抜き出してみました。

四国新聞170205マブサビアン.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

まぶさび遊・雪景色 [まぶさび遊]

雪掻きの合間に、まぶさび遊です。
まずは、まぶさび鏡・雪景色から。
おつぎは、まぶさび茶・雪をどうぞ。
しめは、まぶさび花・雪景色をご覧ください。
まぶさび鏡・雪景色.jpg
まぶさび茶・雪1.jpg
まぶさび花・雪景色1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

まぶさび茶・初日の出 [まぶさび遊]

新年おめでとうございます。
まぶさび茶・初日の出をどうぞ。

まぶさび茶.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

まぶさび大賞2016 [現代アート]

まぶさび大賞2016は、なんといっても、あいちトリエンナーレにおける寺田就子ですね。
もとバレエのレッスン室だったというだけあって、会場は鏡張りで、寺田就子の部屋といってもいいくらい。
まさに、水を得た魚ならぬ、光を得たアートでした。
ちかみに、大賞といっても、賞金はありませんよ(笑)。

寺田就子展にて2.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

まぶさび詩 on twitter 2016 + [まぶさび密誌]

今年、拙Twitterにアップした「まぶさび詩」を新しいもの順にまとめてみました。
最後の三つは、昨年のものですが、入れておきます。
Twitterデビューが昨年10月17日の新参者ですので。

冬ですよ、落ち葉でも、召し上がれ (秋から冬へ贈る滝)
赤らんで、身ぶるいし、丸はだか (紅葉に冬降る滝)
ちりそめし、もみじ葉の、シダに映え (紅葉落葉の滝)
ツイッター、つい言った、つい痛た (後悔ころり滝)
食うていざ、船出せん、巷へと (幸福の麺滝)
しばし待て、むらさきの、たま散るを (ムラサキシキブ滝)
電線を、つまびいて、秋の雲 (雲に秋ひびきたつ滝)
さおさせば、ユズ舟か、つまようじ (ユズぶっかけ食いおわんぬ滝)
はし置けば、対峙する、楊枝かな (そば湯あとに楊枝たつ滝)
食うてのち、ナスの香に、楊枝たつ (焼きナスそば食いおわんぬ滝)
朝日あび、フォークにも、楊枝たつ (朝餉あと楊枝推参の滝)
用すみて、すべりおつ、楊枝かな (箸すべる爪楊枝滝)
いつくしみ、それは塩、また光 (マザーテレサ列聖の滝)
ニットより、にじみでて、チョコのしみ (ソニア・リキエルしのぶ滝)
チョコが好き、ゴルティエと、むらさきも (ソニアとわたくしの滝)
まなびきて、おしえきて、つもりきて (京都大振り返る滝)
これまでも、これからも、グラーツィエ (ニタリア国報謝の滝)
よそおいて、かたりつつ、はなやいで (山田登世子を偲ぶ滝)
樹木希林、嬉々 麒麟、ききき 鈴  (墓標に宇宙塵きらめく滝)

2015年
まぶしさの、さびしさを、ばらまけり (夜空に星しぶく滝)
かなたより、まぶしさの、かけら舞う (粉雪の滝)
さびしさの、その奥の、いまここに (底抜けの滝)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート